歳旦祭(1月1日)

歳旦祭は、新しい年・月・日を寿ぎ、年神様に感謝し、神前に皇室・国家・国民・氏子・崇敬者を言祝ぐ神事です。

 

新しき年の新しき日の今日の朝日の豊栄昇り(とよさかのぼり)に
御賀の壽詞(みほぎのよごと)仕え奉り(つかえまつり)
此の年を良き年の美しき年と守り給ひ(まもりたまひ)幸え給へ(さきはえたまへ)

 

と祈ります。

松飾り

木のこずえに神が宿ると考えられていたことから、門松は年神を家に迎え入れるための依代という意味合いがあります。